風太郎の日記

日々感じたことや、出来事などを書いていきます。

野草の力をいたただいて~若杉ばあちゃん 食養のおしえ~

1937年、大分県生まれの若杉友子さんの「野草の力をいただいて」という本を、知人に借りて読んだ。

食べ物、体、心。それらには「陰」と「陽」がある。

綾部で野草を採ったり、在来種の野菜を作ったりして食養を研究実践しながら、人々に教えている。

肉魚、卵牛乳、乳製品を摂らずに健康そのもので長生きしている。

放射能時代をどう生きるか、環境に対しての懸念。でも、もう駄目だとは思わずに食・体・思考までをも「陽性」にすることをレシピ付きの若杉ばあちゃんらしい語り口調で教えてくれる。

僕も最近猫の額ほどもない畑を借りたので、F1ではなく、在来種の種で自然農をやって行く。ただ、持ち主が言うには「ここは砂地だから、肥料はやらないとダメですね。」と言っていた。

「なんちゃって自然農」か(苦笑)

でもやらないよりはまし。安全で力のある野菜を育てようと思う。野草は結構離れた相模川まで行かないと無さそうだけれど……。

浜辺で「浜大根」を探してみるか。

 

「食」で壊した体は「食」で治す。

 

若杉ばあちゃんの教え。

治る前に「反応」というものが起きて、もっと具合が悪くなる時期があるという。僕の寝汗もそうだったのかもしれない。知人は「デトックスされているんですかねぇ。」と言っていたが、これが「反応」だったのだろう。

とにかくこの本はおすすめ。

もっと他の若杉友子さんの本も読んで行って、実践して健康になって行きたいとしみじみと感じさせてもらえた本でした。

 

 

野草の力をいただいて 若杉ばあちゃん食養のおしえ

野草の力をいただいて 若杉ばあちゃん食養のおしえ

  • 作者: 若杉友子
  • 出版社/メーカー: 五月書房
  • 発売日: 2011/06/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログを見る