アルコール依存症のパパのお話

日々感じたことや、出来事などを書いていきます。

ドヤ街

僕は31歳位の時から3年間ほどだったろうか、ドヤに住んでいた。

要するに、身寄りのない人たちからお金を巻き上げる宿である。

1日2千円。

そこには、誰も頼れる人がいなく、病気を持った人たちが暮らしていた。

だけど、仲間はいたし今より楽しかったような気がする。

当時付き合っていた彼女は薬剤師だったけれど、一緒に暮らすことは避けられた。

でも、学会で余った弁当を持ってきてくれたり、何度か食事を奢ってくれたり、服を2着買ってくれたことがあった。

今もお金はないけれども、人と交わることができたことはとてもよかったと思う。

ただプライバシーがほとんどなかったのが難点だったけど……。

でも、同じ宿の人とはなるべく関わらないようにしていた。

人間関係が苦手なんだ。

今住んでいるところはファミリーが多くて孤独や何かを感じることがある。

そう考えると、小屋暮らしっていいかもしれないとも思う。

街の中の孤独より、森の中の孤独の方が孤独感を感じないと思うから。

ソローの本、買ったのにに読んでないな……。

狭小住宅って流行っているけれども、それは贅沢。僕は三畳で頭が天井に付く部屋に住んでいた。

結局ないものねだりだと思う。

でも、鴨長明方丈記に憧れる。

やっぱり僕には小さな部屋が似合うんだと思う。